情報の学習

情報の授業
2021/08/04

ドローン体験

| by:H30各管区担当

3年生が技術分野の学習のひとつとして、ドローン体験をしました。

これは、今後の科学技術を考えていく中の既存の技術を知ることをねらいとして行いました。

まずは、ドローンが活用されている技術や今後の方向性について話を聞きました。

そして、プログラムでドローンを飛ばし、ミッションに挑戦しました。

生徒は、とても意欲的にミッションに取り組み、協力して解決していました。



13:03
2021/02/12

パフォーマンス課題の実践

| by:H30各管区担当

パフォーマンス課題に取り組んでいる様子です。内容は、以下の通りです。

 日本は、とても災害(地震、豪雨など)の多い国です。また、今はコロナで世界中の国々が対応に追われています。そして、これまで、その対策や対応のために必要なものが作られています。そこで、もし災害などが起こったときのために、学習してきたことを生かして役立つものを考えてほしいと思います。使用することができるのは、以下のものです。2人または3人で協力して解決しなさい。(双方向性のあるコンテンツ、センサ(タッチ、カラー、超音波)の付いたロボット)

双方向とロボットは異なるプログラム言語で取り組んでいます。生徒から、どのような提案が出てくるかはこれからですが、その際の評価規準やルーブリックについて検討していきたいと思います。





17:01
2020/12/17

プログラミングの授業

| by:H30各管区担当
プログラミングの授業を行いました。



12:10
2018/11/19

プログラムによる計測・制御授業

| by:H30各管区担当
LEGOを使って、計測制御の授業を行っています。

課題を選択して、考えたプログラムをフローチャートで示します。

プログラムの検証を行います。

17:42 | 計測制御
2017/11/28

計測・制御学習の教材について

| by:各管区担当
本校で使用している計測・制御の教材を紹介します。

上の写真のようにブレッドボードに紙を貼り付け、その上に部品を取り付けています。
2人で1個の割合で生徒に作らせていますが、取り付けミスも少なくチェックも簡単にできます。また、実際に組み立てることを通して、いろいろな機器の仕組みを学習できます。


上の写真のようにコートを用意して、柱の上の紙を吹き飛ばすプログラムを作成させています。Do Loop 、If Then、Mae、Migi、Hidari、Usiro、Kazeなどの命令を使って動くようにしています。

上のようなシミュレーションプログラムも有効活用しています。これを使って、分岐処理や反復処理の基本的なプログラムの作成方法を学習すれば、実際にロボットを操作する前に基本的な操作方法が学習できるため、実物を使った学習を効率よく行うことができます。
15:14 | 計測制御
2016/12/24

スクラッチ(信号)

| by:技家学習管理者

スクラッチを活用し、信号の処理(順次・反復・分岐)を
学ぶ活動を行いました。
スクラッチはMIT開発のビジュアルプログラミングです。
09:48
2016/10/11

計測・制御で金属を探知しよう

| by:技家学習管理者



CDケースには、ネオジム磁石とホールセンサを入れています。
ピンクのケースはスピーカ(ブザー)のアクチュエータを
配置しています。
CDケースの上に金属(磁石にひっつく)があると
スピーカーで警告音が鳴るようにしています。

授業では、紙粘土内にクリップを入れて発見できるようにしています。
製造現場の最終チェックの場面を想定した授業です。
14:51
2016/09/25

教材の研修

| by:(技)長浜
 8月4日と5日の2日間、国立大洲青少年交流の家を会場に、山崎教育システム株式会社から講師を迎え、授業で役立つ教材の実習を行い、手のひらサイズで計測や制御ができる教材を紹介していただきました。使用条件や環境に合わせて、センサを選択目的に応じて工夫・創造ができるものでした。また、これを生徒全員でプログラミングすると、どのようなことができるのかを動画で見せていただき、授業で取り組めたらいいなと思うことばかりでした。


07:39
2016/07/24

【附属】計測・制御

| by:技家学習管理者
__
A社のスタディーノを使って計測・制御の学習をしています。
温泉卵を作る授業でした。(一定の温度にするためには)
AC電源も使用することができます。
08:43